So-net無料ブログ作成

猫又ならず。 [nyanko]

20141015-last.jpg
 
みなさん、応援ありがとう*
 
 
 
前記事でイットキ元気になった話の後でナンナンですが・・・
あの時点で 
もう、相当限界まできてたようでした。 
 
その後も不調は続き、
点滴と注射を打っても、それを吸収する力もないため効果はなく、
もうこれ以上お医者さんに連れて行ってもストレスになるだけだと判断。 
 あとは静かに時が来るのを待つ状態が1週間ほど続きました。
 20141011-2.jpg20141013-2.jpg
寝てるのかと思うと、そばに人がいないと「にゃー」と呼ぶ。
寒い日、初ヒーター点けるとお尻を向け温めるプー様。 
 
尿意は相変わらず頻繁なようで、その度、ちゃんとトイレに向かう。 
でも寄りかからないと姿勢を保てない。
斜めになってるプー様・・・・気の毒だが可愛い* 
20141014.jpg20141015.jpg 
ご飯も水も食べれてないので、出るモノは何もないんだけどね・・・。
 
ペットヒーター入りのカマクラに入ってても、手足は冷たい。
毛布掛けてあげると、邪魔らしくすぐ避けちゃう。 
 
 
 
 
 トップ画像のカマクラからぴょこんと出た写真が
最後の写真になりました。
 
 
 
その写真を撮ったその翌朝、
おかーさん午前中から仕事行かなきゃいけないんだよなぁ・・。
最後は見送れないかなぁ・・・・(旦那さんが在宅仕事なので、居ます。)
まぁ、でもそうなったらそういうことだ・・・・ 
なんて考えながら
息子のお弁当作ってる最中、プー様が
「オレもう行くから。」
と、ささやいた。
えっ; (@@;)マジですか!? 
やっぱおかーさんに見てて欲しかった?と頭ナデナデしていたら
・・・静かに静かに・・・・
お向かいのおじーちゃんが待つ世界へと旅立って行きました。
 
よかった・・・・苦しまず、眠るように逝ってくれてホントによかった・・; 
 今までずっとずっとトイレで苦しんでたからね・・・。
  
怒濤の一年4ヶ月。
過ぎてしまえばあっという間でしたね。
 
 
 
2日ほど涙止まらず・・・でしたが
考えてみれば、お向かいのおじーちゃんからお預かりしたプー様ですから
お返ししたと思えば・・・寂しくても仕方が無いのです。
今頃はきっと再会を喜んでいることでしょう。
 
 
モモの時は、 
当時息子もまだ小さく手がかかる時期だったので
十分な看護と納得のいく介護が出来なくて、いつまでもいつまでも後悔がつきまといました。
 
今度猫を飼って見送ることがあるならば、
絶対に後悔しないように見送ってあげたいとずっとずっと思っていたので
 それが出来ただけ、よかったと思ってます。

 
お迎えをただ待つ間の時間は
なるべくプー様のそばにいて、プー様が寝てる時に用事を済まし、
起きると「にゃー」と呼ぶので、また側に行き、ナデナデ・・。
 夜は二晩ほど、簡単な寝具に包まってプー様の横で寝ました。
 
 
 
 
 
 
 
結局、老化が原因でのことなので、
まだまだ働き盛りなのに・・・っていう無念の見送りでもないし
昨日まで元気だったのに・・・っていう突然のことでもないし
18年(推定)という長い月日、自分で飼い主を選び手名付け(笑)
逞しく賢く生きてきたプー様は、本当に充実した猫生を送ったと思ってます。
 
 
 
みなさまにもいろいろ話を聞いて頂き、励まして頂いて
温かい言葉をたくさんたくさんありがとうございました。 
 
ご報告遅くなりましたことお詫び申し上げます。
 
今日が初七日。
1週間経ってようやく書けました。 
 
 
 皆様からは十分お気持ちを頂いてますので、
この話の記事については、コメント欄閉めさせて頂きますね。 
非常にコメントし辛い上に、また温かいお言葉頂いてしまうと
また泣いてしまいそうなので(^^;)ゞ
  
 
niceは、プー様のこれまでの頑張りにぜひnice押していって頂けたらと思います。
 
 
 
 
 
 
私は、だいぶ気が抜けて、開栓後7日ぐらい経った温いコーラみたいになってますが(笑)
元気です。
 
 
またそのうち近況ご報告記事などアップしていきたいと思いますので
今後とも*もものおうち*をよろしくです♪
 
 
 
 
 DSC_0412a.JPG
 Pooh's story 1  2  3  4

 
 
 
 
 

nice!(52) 

nice! 52