So-net無料ブログ作成

金雀枝と書いて「セツナイ」と読む。 [interior]

DSC_1834.JPG
(手前はハナカンザシ。奥に見える黄色い花がエニシダ。) 
いや;読みません( ̄▽ ̄;) 金雀枝はエニシダです。(金雀児とも書く)
 
エニシダと言えば・・・・・・・・ *ほろほろ花の散る中で*
 
 
 
DSC_1835.JPG
 
これがエニシダ
 
雨上がり、エニシダの枝をそーっと下に引いて手を放す。
青空に雨のしずくが飛び散る様を見るのが好き・・・
 
というシーンが出てくる漫画
「ほろほろ花の散る中で」は、
1976年、集英社の「りぼん」に掲載された、太刀掛秀子先生の作品。
 
私が小学校中学年ぐらいの頃、
紐で縛られたりぼんや別冊マーガレットに遭遇。
ゴミ置き場に捨ててあったんだか?捨てに来たお姉さんにもらったんだっけ?
もう記憶が定かではないのですが(^^;)とにかく、それが初めて手にした少女漫画。
何回も何回も読み返しては、
その後何年も捨てられずに取っておいてましたね。
 
 
その中の1冊に、太刀掛秀子先生の作品「ほろほろ花の散る中で」はありました。
 
 DSC_1836.JPG
 
子供ながらに「せつなさ」というものを初めて感じた気がします。
いや・・・よくわかってはいなかったかもしれない。
それでも、なんだろうこの感覚・・・みたいな(笑) 
 
 エニシダの花言葉は「苦しい恋」
 
 
こんな漫画を描いてみたい、と漫画家目指したけど
とても太刀掛先生の足下にも及ばず・・・・(++;)敢えなく挫折・・
 
 
盆栽や庭木が趣味だった祖父に、「うちにエニシダはないの?」と聞くと
「ほら。これだよ。」と笑いながら私のすぐ横を指さす。
あらー;これかぁ~。知らずに毎日見てたのね
ただ、木が大きすぎて当時チビチビだった私が枝を下げてパッと放すと
自分がびしょ濡れになった・・・・という
到底乙女チックな話にはならなかったのだけど・・・・・(^^;) 
 
太刀掛先生はご結婚されてから作品は出されてないようです。
約10年間のご活躍でしたが、全盛期で百恵ちゃんのように潔く去ってしまったからこそ
その作品たちはいっそうせつなさを増して私たちの心の奥底に残っているのでしょう。
 
  
 
DSC_1837.JPGDSC_1833.JPG 
 
「エニシダ」と聞くと、なんとなくセツナイ気持ちになる。
その気持ちは、苦しい恋とか、未熟さ故のジレンマとか
若かりし頃に感じたそれとは少し違って
そんな切なさと、生まれ故郷から距離を置いたところで生活する今だから感じる
郷愁とノスタルジア
 
ようこそ*というより、お帰り・・な気分で迎え入れた。 
 
 
 
 
 
 
 
 
鉢植えのエニシダ見かける度に欲しいなぁ・・・・と思ってたんですが
なんだか、なかなかサクっと買えなくて
うーん・・・;て躊躇してるうちに毎年季節が過ぎちゃってたんですが・・
 
いつも通る花屋さんで、通る度に気になってたエニシダの鉢が
どんどん育つのに売れず、その枝振りに反してどんどん値を下げていくので(^^;)
救世主となるべく、手を伸ばしました。
 
隣でやはり育ちすぎて幅を利かせてたハナカンザシと共に。
 
 
 
お店の人から満面の笑みで迎えられ見送られたのは言うまでもありません(笑)
 
 
 
 
 
 
 


nice!(40)  コメント(19) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 40

コメント 19

nicolas

エニシダ、そういえば最近はカワイイサイズもあるんですよね。
実家の庭に植わっていたエニシダは、子供の背丈の倍以上あった記憶です。
この植木鉢サイズなら、水を切らさなければまた来年黄色の可愛い花で、
一杯になりますね~
花は季節ものが多く、そしてその時の記憶にも残る場合が多いですよね。
ののさんの記憶を鮮やかに彩っているのが、エニシダの花なんですねー。
by nicolas (2014-05-27 22:23) 

hypo

ののさんの少女時代を垣間見たような気になりました。
by hypo (2014-05-28 05:48) 

ぽちの輔

「残り物には福がある」
この鉢も福を運んできた事でしょう^^
by ぽちの輔 (2014-05-28 08:21) 

mitsu

こんにちは!新緑眩しい季節になりましたなーw
漢字三文字で始まるとキムなんとか読んでしまいます。。。
切ないニダ〜^^;
お庭のパーツ何気に可愛いですね
ののさん家はなんか本とかに載った事があるのですか?
オサレな家の本はたまに立ち読みしますが
こーしたいなーの妄想ばかりしております。。。
by mitsu (2014-05-28 09:25) 

engrid

ようこそ、でなく年来の思いを向かい入れて、おかえりなさい
エニシダもハナカンザシも、良かったここにこれたわ、
そう思ってるね、ここよ私の居所は、、てね
by engrid (2014-05-28 18:05) 

ミケシマ

1枚目のお写真、とっても素敵ですね☆
可憐で小さいお花がなんとも愛おしい。
「ほろほろ花…」素敵な作品ですね。読んでみたくなりました(=^ェ^=)
by ミケシマ (2014-05-28 18:08) 

Ginger

太刀掛先生っぽ~い!私も小中学生のころマンガ家に憧れてました♪
あの頃の繊細な想いを持ち続けられているの、素敵(*´ェ`*)ポッ
by Ginger (2014-05-29 12:07) 

のの

♪nicoちゃん
 水を切らさなければいいのですね!(@@)アドバイスありがとうございます。
 梅雨の時期に咲いてたなぁ・・・という記憶があり、漫画と雨と祖父という
 キーワードが重なり、私にとってちょっと特別な植物なんです。エニシダ。
 そうか、大きいのと小さいのでは品種が違うのかな?
 今も小さなつぼみをたくさんつけていて、どんどん咲いていくのが楽しみです♪

♪hypoさん
 (*^m^*)あら♪・・・むふふふ* 
 今も少女時代は進行中です(笑)気持ちだけ)

♪ぽちの輔さん
 そうですね!(^-^)自分で育てるより立派にそだって、ツボミをいっぱい
 つけて、お花咲くのが楽しみ♪ っていう福を連れてきてくれました♪

♪mitsuさん
 キム・・・・(^^;)なるほどね・・・・w
 お庭・・・と呼べるほどのモノでもないんですけどね。家の中は10年前の
 某インテリア雑誌に一度だけ載りました(^^)v
 まだ引っ越してきて一年だったので、インテリアもそれほど崩れてないし
 汚れもホコリも目立たず(笑)あ~;こんな時もあったなぁ・・・って感じです。
 今ですか?・・・・・・・・とても写真撮って載せられません(;;)
 ちなみに、その当時のキッチン写真がこちら↓
 http://momonoouchi.blog.so-net.ne.jp/2007-06-06

♪engridさん
 わぁ♪そう言ってくださると、照れつつも嬉しいです(*^^*)ゞ
 ますます枯らさないように・・とちょっとプレッシャーですが(笑)

♪ミケシマさん
 ありがとうございます♪  ハナカンザシはドライフラワー向きなので
 摘んで乾燥させておけば、長く花を楽しめます。
 「ほろほろ花の散る中で」私もまた読みたいですが、残念ながらもう
 手に入りません。どこかにないかなぁ・・・・。

♪Gingerさん
 あらぁ* 太刀掛先生ご存じでしたか!?りぼん読んでらしたんですね?
 漫画家は漫画好きなら一度は憧れる職業ですね。
 投稿も結構しましたよ~。やるだけやって挫折しましたから悔いなしです。
by のの (2014-05-29 16:35) 

たま

エニシダ、、、素敵なお話でした。
ちょっとせつない、、、かぁ
わたしがせつなくなるのは、蝋梅です^_^
by たま (2014-05-29 16:37) 

ふゆもえ

太刀掛秀子さん、当時の私の友人に大FANの子がいて、
よくコミックスを回し読みさせてもらいましたv^^
懐かしいなぁ~、マンガ家をやめられてたのですねぇ。
学生時代にハマった漫画家さんで今も続けてらっしゃる方が
以外に少なくて、最近はめっきりマンガすら読む事が
なくなりましたTTダメだなぁ~--;
by ふゆもえ (2014-05-29 17:15) 

sheri

太刀掛秀子先生のマンガ、文庫サイズでウチにもありますよ~
昔はマンガで見たこともない花の名前を覚えたなぁ・・・

ライラックとか、マンガで初めて知ったかも?
そして、マンガに出てくるような洋館に未だに憧れてる私です(笑)
by sheri (2014-05-29 23:21) 

plumedoie

ののさん!!

私も太刀掛先生大好きでした!!
「ほろほろ花の散る中で」読みましたよっ!!
雨上がりにエニシダの枝主人公がひっぱって離すと
通りすがりの男の子に水が掛かってしまうんですよね!!

あれをやってたとは流石ののさま(笑)

太刀掛先生大好きだったな~。
わたしコレクターなので殆どのコミックス持ってました(笑)
ちょっとオフコースっぽかったですよね。
太刀掛先生もお好きだったのかなぁ??
(昔そう書いてたのを見たような、見てないような・・・)
by plumedoie (2014-05-30 00:14) 

のの

♪たまさん
 蝋梅ですかぁ(@@)たまさんのどんな思いが込められてるのでしょう*
 気になります♪

♪ふゆもえさん
 漫画ねぇ・・・・私も読まなくなりましたねぇ。唯一毎回楽しみなのが
 オフィスYOUで連載中の「ふれなばおちん」。これも私世代の旧乙女には
 セツナイです(笑)

♪sheriさん
 文庫で出てるのは「ミルキーウェイ」と「花ぶらんこゆれて・・」でしょうか?
 花ぶらんこ・・も切なかったですねぇ;;;ていうか、瑠璃ちゃんが可哀想すぎ
 毎回涙涙でした(;;)
 「ほろほろ・・・」は「なっちゃんの初恋」に収録されてるらしいのですが、
 どっかにないかなぁ・・・・・。文庫で復刻して欲しいです。
 ライラック!私も太刀掛先生の漫画で知りましたよ!(笑)

♪plumedoieさん
 まぁ(*^^*)やはり根底にある好みがそっくりなんですね♪(笑)
 私もかつてはコミック持ってたんですが、度々の引っ越しでいつの間にか
 なくなってました・・;
 太刀掛先生はかぐや姫のファンです。よく登場人物に「伊勢さん」とか
 伊勢正三そっくりな人物が出てきたりしましたよ。
 オフコースも・・・好きだったのかなぁ?覚えてないなぁ・・・。でも、イメージ
 ありますよね♪
by のの (2014-05-30 17:40) 

Inatimy

漫画に出てくる植物って妙に印象に残りますよね。
私の場合、クリスマスローズでした。 
子供の頃、まだ当時はそれほどまだ出回ってる植物でもなく、
ウマノアシガタ科と作中にあったので、どんなのだろう?って気になって^^。
狙ってるお気に入りの色に出会えてないので、まだ買えてません・・・。
by Inatimy (2014-05-30 18:56) 

plumedoie

さすが、ののさん、私よりお姉さんなぶん、よく覚えていらっしゃる。
私もコミックもうもってないですねぇ・・・
by plumedoie (2014-05-30 22:08) 

のらん

少女漫画の思い出って、なんとなく甘酸っぱい♡
りぼんも、なかよしも、愛読してたなぁ・・・
ウチは、姉がりぼんを買って、妹の私がなかよしを買う担当だった(^.^)
by のらん (2014-05-31 05:56) 

atori

「ほろほろ花の散る中で」
内容は忘れちゃったけど、この素敵なタイトルは覚えています。
ののさんと同じ時を過ごしてきてますね~(笑)

by atori (2014-05-31 14:55) 

ふーみん

エニシダ 花かんざしのお話 ロマンチックなお話ですね。
ののさんが欲しいっと思ってたのが手に入ってよかったですね。
それも救世主として   これからのお花が楽しみですね。

写真素敵です。


by ふーみん (2014-05-31 22:29) 

のの

♪Inatimyさん
 ウマノアシガタ科!?(@@)馬蹄型ってことかしら?面白いですねぇ*
 クリスマスローズは綺麗ですよねぇ*私も憧れます。
 お気に入りの一鉢に出会えるといいですね(^^)♪

♪plumedoie さん
 はい(^-^)もう何度となく読み返しましたので(笑)
 それに、私もかぐや姫よく聞いてました。フォークギターで弾いたり・・・・
 おいちゃん(南こうせつさん)のラジオが面白くて、いつも聞いてましたよ♪

♪のらんさん
 私も、なかよし買ってましたよ!キャンディキャンディが大好きで*
 連載終わった途端買うの止めましたが・・・(^^;)
 当時は兄と折半してましたね。別マとりぼんだったかなぁ。男性が読んでも
 面白い作品も多かったですよね。槇村さとるさんとか、一条ゆかりさんとか
 伊賀野カバ丸は誰だったかなぁ・・・作家さん・・・
 
♪atoriさん
 ホント!?(@@)atoriさんもりぼん読んでたんですか?
 リアルタイムでご存じとは、嬉しい限りです(^-^)♪

♪ふーみんさん
 お安く買えてホントにラッキーでした♪  育てるのが下手なので、小さい
 うちに買っても大きく育てられないと思うので、これぐらい育ててあると
 助かります♪ 
by のの (2014-05-31 23:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。